アメリカ生活やっとの事でDAY9(その1)

大変長らくお待たせしました。
「待っている人なんているの?」と思っていましたが、複数の人から「ブログの続きまだ??」と聞かれ、
尻に火が付いた次第です。

さて、DAY9の今日は朝ジムの家があるウエストバージニア州オルブライトを出発し、ペンシルバニア州ワイオミッシングに向かいます。
今回の目的は、ワイオミッシングにあるエモーションカヤックス社のオフィスを訪ねる事です。

オルブライトからワイオミッシングまでは車で約4時間半の行程。田舎道を抜けてフリーウエイを通り、ひたすら北上します。
  
途中、アメリカのフリーウエイでは珍しいトンネルも通過しました。

そしてロングドライブの末にたどり着いた、

ココがエモーションのオフィスです。
なんと隣りは日焼けサロン。もう一方はフィットネスジム。
エモーションカヤックス社は、自社工場を持たず生産をしているので工場は別の場所にあり、ココにはオフィスと倉庫だけ。


倉庫はオフィスの裏にあり、古いレンガ作りの建物でなかなか良い雰囲気です。
中には出荷を待つカヤックたちがズラリと並んでいます。


ココがトムのデスク、社長室です。

社長室の壁には大きな世界地図が貼ってあり、各国のディストリビューターの所在地にピンが打ってあります。
もちろん日本にも!
オフィスにいる皆を一通り紹介してもらったら、「よし行くぞ!」という事で、車で20分位のところにある川へGO!

既にトムのTOYOTAにはテンプテーション3艇とレネゲード1艇が積み込まれていました。

緩やかな流れの川は、景色もきれいで皆でおしゃべりをしながら下って行くのにちょうど良い流れで、魚(コイ・トラウト)や鳥も沢山いました。
何より、こんな素晴らしい環境が町からすぐの場所にある事がうらやましいです。
 
こんな環境が、すばらしいレクリェーションカヤックを生むのでしょうね。

長くなってきたのでその2へと続く。

init enomoto について

ウォータースポーツ関連商品の輸入・販売に10数年携わり、ホワイトウォーターカヤッカーとしても活躍。2009年、initを起業しエモーションカヤックス社をはじめアストラルボヤンシー社、イマージョンリサーチ社の輸入代理店を行いつつ、様々なカヤック関連イベントにも参加している。
カテゴリー: initの日常, イニット海外レポート タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です