アメリカ生活DAY10(その2)

釣りを終えてホテルに戻り、再びジムと合流し昨日来た道をひたすら戻る。
まぁ、半分くらいは助手席で寝ていたのだが…。
3時頃にジムの家について、疲れたので昼寝をしているとジムの「オーイ、ヒロ!ミリィがナロウズを下りに行くって言ってるけどどうする?」
って声で起こされる。
一瞬どうしようかと迷ったが、まだチートリバーのナロウズセクションは下ったことが無いので行って見ることにする。

ミリィのスバルにスリルシーカー(ホワイトウォーター用インフレータブルカヤック)をつんでGO!
チートリバーナロウズは、ジムの家から車で10分くらい。先日、スクォートに乗ったアレイを含む5km程のセクションで一番難しいラピッド(瀬)でもクラスⅢだそうだ。
スタート地点に行くまでにミリィに聞いた話では、「ラインさえ間違わなければOK!」とのこと。

スタート地点では、ミリィの仲間たちが既にスタンバイOK、早速川下りスタートです。

ナロウズは、瀬とトロ場がいい感じにミックスされ適度な緊張感で下れます。
今回一緒に下ったクリスのお母さん、キャッシーさんが車で先回りして要所要所で写真を撮ってくれました。





朝マズメに釣りをして、500km移動して夕方には川下り。
長い一日でしたが、忘れられない一日でもありました。
夏休み満喫です!

init enomoto




init enomoto について

ウォータースポーツ関連商品の輸入・販売に10数年携わり、ホワイトウォーターカヤッカーとしても活躍。2009年、initを起業しエモーションカヤックス社をはじめアストラルボヤンシー社、イマージョンリサーチ社の輸入代理店を行いつつ、様々なカヤック関連イベントにも参加している。
カテゴリー: initの日常 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です