サイドハンドルの取り付け

シットオントップのラインナップ中、スピットファイアだけがサイドのラゲージハンドルが付いていない。
コレはコストの問題で付いていないのだが、ハンドルが無いと持ち運びや車載の時に面倒だ。
簡単に取り付けが可能なので、スピットファイアユーザーにはお勧めです。

ではココで簡単に取り付け方法を解説してみます。


用意するもの サイドハンドル左右分とOリング付きのブラインドリベット(左右分で8本)、
リベットをカシめる為のリベッター、ドリル、ドリルの刃(5mm)、コーキング材


最初に慎重に取り付け位置を決めて行きます。


取り付け位置が決まったら、ドリルで穴を開けて行くのですが、この時あまり高速でドリルを回転させると摩擦熱で本体が溶ける恐れがありますので
なるべくゆっくりとした回転で穴を開けて下さい。


開けた穴の周囲にコーキング材を塗ります。



そして、穴にリベットを入れ、リベッターで固定します。


完成です!

ロッドホルダーやその他の艤装品も基本的には同じようにしてカヤック本体に取り付けます。
サイドハンドルキット¥3,000にて発売中です。

init enomoto について

ウォータースポーツ関連商品の輸入・販売に10数年携わり、ホワイトウォーターカヤッカーとしても活躍。2009年、initを起業しエモーションカヤックス社をはじめアストラルボヤンシー社、イマージョンリサーチ社の輸入代理店を行いつつ、様々なカヤック関連イベントにも参加している。
カテゴリー: initの日常 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です