スピットファイア9

ココ相模湖も梅の花が咲き出してようやく春の訪れです。
コンテナ到着以来、バタバタとしているのですが今日は天気もよかったのでスピットファイア9を
試乗艇としておろして少しだけ乗ってみました。

改めて見ると、デッキの形状などもボリュームアップとパドリングのし易さを両立させるためのデザインになっているのが判ります。

早速試乗してみたのですが、昨年夏にプロトタイプに乗った時に感じたのより更に安定性が増して使い易くなっているような印象を受けました。
もちろん、テンプテーション/ステルスほどの直進性とスピードはありませんが、スピットファイア8に比べてわずか30cmの違いなのにそんなに意識をしなくても真っ直ぐに艇を進める事が出来ます。

ターンについてもシャープ過ぎず、ダル過ぎず…。乗り手を選ばない味付けです。


ボリュームがアップしたことに伴って、乗っている時の安定感がより一層感じられるようになりました。


総合的に見て良い意味での「最大公約数的なカヤックに仕上がっているな。」という印象です。

Spitfire9 ¥74,550
全長:274cm 全幅:80cm 重量:20.4kg 最大積載量:159kg
カラー:グレイシャーブルー、バーントオレンジ

このスピットファイア9ですが、好評で1便の入荷分が完売となってしまい、あわてて追加をオーダーしている所です。
購入を検討されている方には大変申し訳ありませんが、しばらくお待ち下さい。

init enomoto

init enomoto について

ウォータースポーツ関連商品の輸入・販売に10数年携わり、ホワイトウォーターカヤッカーとしても活躍。2009年、initを起業しエモーションカヤックス社をはじめアストラルボヤンシー社、イマージョンリサーチ社の輸入代理店を行いつつ、様々なカヤック関連イベントにも参加している。
カテゴリー: initの日常, 試乗・試着レポート タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です