パドリングテクニックその2

前回、パドリングテクニックその1ではフォワードストロークについて解説しましたが、今回は第2弾、バック(リバース)ストロークについてです。

バックストロークは「フォワードストロークをそのまま後ろ向きにすれば良いんじゃないの?」と思っている方もおられるようですが、答えはYesでもありNoでもあります。

動画で見るとこんな感じ。

パドルブレードの裏面を使って(パドルを持ち換える事無く)ストロークします。


ストロークのスタート。思い切って体をひねってスターン(船尾)近くからスタート。


フィニッシュは自分の足のつま先辺りまで。

ポイント1、フォワードストロークの時よりもパドルを寝かせます。


上の写真はフォワードストローク時のパドルの角度。



こちらはバックストローク時
ポイント2、パドルのシャフトと体が常に平行になるようにストローク
ポイント3、軸になる腕(今回の場合は左腕)が動かないように、コンパスで言うと針になるように。
ポイント4、軸となる腕の脇をしっかりしめる。

initでは、パドリング講習もやっていますのでパドリングテクニックについてもっと詳しく知りたいという方は是非!

init enomoto



init enomoto について

ウォータースポーツ関連商品の輸入・販売に10数年携わり、ホワイトウォーターカヤッカーとしても活躍。2009年、initを起業しエモーションカヤックス社をはじめアストラルボヤンシー社、イマージョンリサーチ社の輸入代理店を行いつつ、様々なカヤック関連イベントにも参加している。
カテゴリー: initの日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です