パドルインプレッション

ここ数日一気に春めいてきたような気がするのですが気のせいでしょうか。

相模湖も通常の水位に向かって徐々に水位が回復してきています。
そんな中、風の無い日を狙って運動不足の解消がてら今年からラインナップに
加える事となった「マーシャス フルカーボンパドル」を実際に使ってカヤックを
漕いで見ました。

カーボン素材を使用し、見た目にもカーボン柄でカッコいいです。


シャフト右側の握りの部分は楕円形になっていて目視しなくてもブレードの向きが確認出来る様になっています。

持ってみるとその軽さに驚きます。
ファイバーグラスパドルの重量が900gに対して、フルカーボンパドルは800g(カタログの数値)となっていますが、
100g以上の差が有るように感じられます。

実際にカヤックに乗ってストロークをしてみると、素材の違いによるシャフト、ブレードの硬さと薄さを実感します。
モチロン好みの問題もあるのですが、個人的にはソリッドな感覚が味わえるフルカーボンの硬い
フィーリングが気に入りました。
イメージとしては、ブレードで掴んだ水をこぼさずに運んでるような感じです。
テクニカルなストローク(スカーリングやバウドローなど)を行う際にもキレが良く、
自分のイメージ通りにブレードが動いてくれます。

シャフトを緩く握った状態でストロークしてもヨレずかなり好感触です。

その硬さからまだフォームの固まっていない初心者にはどうかな?とも思いますが、
コストパフォーマンス的にも(価格¥24,990)オススメです。

init enomoto



init enomoto について

ウォータースポーツ関連商品の輸入・販売に10数年携わり、ホワイトウォーターカヤッカーとしても活躍。2009年、initを起業しエモーションカヤックス社をはじめアストラルボヤンシー社、イマージョンリサーチ社の輸入代理店を行いつつ、様々なカヤック関連イベントにも参加している。
カテゴリー: initの日常 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です