親指の思い出

高速道路料金の休日1,000円がこの週末で終了するということもあり、「週末の朝練を新潟で行ってサクッと釣って高速が混まないうちに帰って来る。」というのが今回のミッション。

このミッションへの参加者は、高梨さん、笹原さん、小松さん、そして現地ガイド役の関根さん(全員本名で書くと誰だか判らないw)と自分の5人。
早朝3:30には新潟入りし、関根さんと合流しまだ薄暗い中最初の川へ。


入水直後、小松さんがサッチモホーン3投目で、



すぐに笹原さんもペンシルで、


そして自分もフェイズのダーター、ドロップDで、


下流へ行った高梨さんは、バス・なまずの他にこんなのまで、


バイトはあるんだけどなかなか乗らないのと、サイズがいまいちなのが難点ですが自分は3本ゲット。写真は無いけど関根ガイドサービスも釣ってとりあえずは全員キャッチで一安心。当初の予定だとコレで朝練終了して帰る予定だったのですが、サイズ、キャッチ数ともに微妙なのと、みんな釣りたい病の患者なので、「もう一本行っとく?」って感じで近くの別の川へ。



ココは雰囲気は抜群だったのですが、サカナが少ないみたいで自分がキャッチした2本だけで、睡魔に負けて終了。所用を済ませに行った関根ガイドサービスを待つ間、カヤックに乗ったまま睡眠…。
一旦上がって、昼食アンド作戦会議。

この時点で皆早く帰ろうなんて考えは既になし。関根ガイドサービスを「どこかでかいのが必ずつれる場所へ連れて行け!」と恫喝し、1時間ほど離れた野ダム?へ。

ココは先の2箇所と打って変わって水がクリア。
開始早々に1本バラしてしまう。その後、ドシャローでもいい出方をしてきたのをまたしてもバラしてしまった。
夕まずめになり岸際がにぎやかになってきたのでラストをシャローに賭け用と先ほどの場所に入り直し、読み通りに本日の最大魚。

といってもジャスト40cmブッシュの奥から飛び出してきて必殺ルアープロップペッパーをジュボッと。
最後はサッチモホーンで一匹追加
本日の総捕獲数7本にて朝練?を終了し、バス歯でギザギザになった親指を撫でながら帰途に付きました。



参加の皆さんお疲れ様でした。
また行きましょう!

init enomoto



init enomoto について

ウォータースポーツ関連商品の輸入・販売に10数年携わり、ホワイトウォーターカヤッカーとしても活躍。2009年、initを起業しエモーションカヤックス社をはじめアストラルボヤンシー社、イマージョンリサーチ社の輸入代理店を行いつつ、様々なカヤック関連イベントにも参加している。
カテゴリー: initの日常, 釣行記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です