距離のかなたにあるものは?

今月2回目の遠征から戻って来ました。

今回はさすがに一人旅ではありませんでしたが・・・。
島根で忘年会、そして広島?で忘年釣り会。

走行距離合計は、


旅の途中では、

登山をして、


何とか登頂に成功したり、


トップウォーターサビキ?でサヨリを釣る地元のオジサンを見学したりしながらのんびりと。

向かった先は、タルチョはためくタマタマルアー工房。


忘年会スタート!

たまプラーザならぬ、カタプラーナ(ポルトガル?の鍋料理)と

カニ!

そしてカキ!

それにしてもカニはいけませんね。みんな、息継ぎと共に 『うまい!』 という以外にはしゃべらないw
あっという間に大量の魚介類が消滅・・・。

翌日は深い霧の中を釣りに出ました。

自分は2バイトのみで、釣ることは出来ませんでしたが、全体では50upが3本も出たりとこの時期としてはなかなかの釣果に恵まれ、楽しい旅となりました。

今回は特に、同世代の3人(平均年齢50歳)が揃い、世代トークで大盛り上がりw。


自分にとっての旅は、消費した時間と距離に比例して得るものが多い気がします。
旅に出る動機はいつでも、「会いたい人がソコにいる」、「見たいものがソコにある」から。

まだまだ止まれませんよ!
init enomto








init enomoto について

ウォータースポーツ関連商品の輸入・販売に10数年携わり、ホワイトウォーターカヤッカーとしても活躍。2009年、initを起業しエモーションカヤックス社をはじめアストラルボヤンシー社、イマージョンリサーチ社の輸入代理店を行いつつ、様々なカヤック関連イベントにも参加している。
カテゴリー: initの日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です