2013アメリカ生活DAY5

本日は、朝早くホテルを出て空港へ。
朝食は空港のフードコートでメキシカンモーニング。

エンチラーダ、朝から結構コッテリです。
飛行機に乗り込み向かった先は、シリコンバレーで有名なカリフォルニア州のサンノゼ。
去年もお邪魔したのですが、この町でで働く友人夫妻(日本人)宅に遊びに来ています。
サンノゼ空港でピックアップして貰った後、サンフランシスコ方面へ
向かい、「ちょいと早いランチでも食べよう。」と来たのがシーフードのお店。

この1ポンドのロブスターに、パン、チップス(コレがまた美味い)コールスローが付いて何と15ドル!
ココは、ロブスター等をレストラン等に卸す会社がやっているので新鮮なロブスターを安い値段で食べる事が出来るそうで、地元の人気店だそうです。
食事の後は、サンフランシスコのフィッシャマンズワーフへ。そして、同年代以上の人にしか、判らないかも知れませんがゴールデンゲートパークのパンハンドル地区、そうです。ヒッピー文化発祥の地、ヘイト・アッシュベリーへ。残念ながら、週末で車を止める場所が無く、通っただけになりましたが、20数年前に訪れた時の事を思い出しました。

そして、サンノゼ方面へ戻りディナーは、これまた地元で人気のLOS ALTOS GRILLというレストランへ。
まだ早い時間だったのですが、既に待っている人で溢れています。
待っている間にウェイティング用のテーブルでドリンクとアーティチョークのグリルを頂きました。

そしてオススメのプライムリブグリルをチョイス。

出て来た時にはあまりのデカサに怯みましたが、肉質も軟らかく、ソースも日本人の好みに合っていて意外にスンナリ腹の中に納まりました。
良く、「アメリカの肉はパサパサで美味くない」という人がいます。確かにそういう店もありますが、肉質にあった調理をしてくれるレストランであれば、相当レベルの高いステーキを楽しむ事が出来ると思います。
食後は、かのアップル本社の前を通過して、これまた人気のコーヒー店へ。

いわゆるシアトル系のコーヒーではなく、30種類もの豆からダーク、ミディアム、ライトと選ぶ事が出来、その場で独特の方法でドリップしてくれます。
もう、どこにも何も入る隙間はありません。
何だか、グルメブログだか、グルマンブログだか分からなくなってきましたが、
明日へと続く…

init enomoto



init enomoto の紹介

ウォータースポーツ関連商品の輸入・販売に10数年携わり、ホワイトウォーターカヤッカーとしても活躍。2009年、initを起業しエモーションカヤックス社をはじめアストラルボヤンシー社、イマージョンリサーチ社の輸入代理店を行いつつ、様々なカヤック関連イベントにも参加している。
カテゴリー: initの日常, イニット海外レポート   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>