Jackson Coosa試乗

岡山で入院している実家の母を見舞うのと、名古屋バスフェスタのブース施工の打ち合わせのために
岡山から大阪へと出張だったのですが、ちょうど出発の日にジャクソンカヤックの試乗艇が入荷したので、
「それじゃ、淀川で試乗してしまおう」とブライトリバー松本さんを誘って行って来ました。





11ftの全長を持つこのクーサは、フリースタイルカヤックで現在世界一のシェアを持つジャクソンカヤック社の本格的フィッシングカヤックの第一弾となる。数々の釣りをするのに便利なアイデアが沢山詰め込まれたカヤックだ。
まず目を引くのがラウンジチェアーのような座り心地の良さそうなシートで、ストラップで高低2段階のセットが可能となっている。


高いポジションは釣りをするのに適したポジションだが、シート位置が上がると安定性がスポイルされるので若干の注意が必要ではあるが、不安を感じるほどではない。
ジャクソンカヤックのHPにある動画では立ち上がって釣りをしている場面が登場するので実際に試してみましたが、正直あまり立って釣りをする事はお勧めできません。
他のメーカーを含めカタログなどでよく「立てます」という宣伝文句や動画、画像などがありますが、個人的にはあんまり信用しないほうが良いと思います。
特に、立ち上がったり座ったりする瞬間はバランスを崩しやすいので注意が必要でしょう。
このクーサには、立ち上がったり座ったりする時のアシストとなるストラップが付属していますが、コレは良いアイデアです。


他にもロッドをホールドするためのスリットがハッチカバーに設けられていたり、艇のサイドにロッドを固定するバンジーコードが付いていたりとなるほどとうならせる装備である。


さて実際に漕いでみた感想ですが、きわめてフツーで逆にびっくりでした。
釣りに特化させたカヤックにありがちな鈍重さは無く、軽快とまではいかないものの素直にパドル操作に反応してくれます。


自重が30kgとテンプテーションなどに比べて重いのですが、数セットのタックルや荷物を積んで一日中快適に釣りを楽しむには非常に適したカヤックではないでしょうか。

クーサ基本データ
全長:336cm 全幅:80cm 重量:30kg 最大積載量:180kg
価格:172,200円


init enomoto について

ウォータースポーツ関連商品の輸入・販売に10数年携わり、ホワイトウォーターカヤッカーとしても活躍。2009年、initを起業しエモーションカヤックス社をはじめアストラルボヤンシー社、イマージョンリサーチ社の輸入代理店を行いつつ、様々なカヤック関連イベントにも参加している。
カテゴリー: initの日常, 試乗・試着レポート タグ: , パーマリンク

Jackson Coosa試乗 への3件のフィードバック

  1. 伊藤 和幸 のコメント:
    お久しぶりです。ジャクソンカヤックいいですねぇ~名古屋バスフェスタで見れますか?実際に見たいなぁ~お会い出来るのを楽しみにしておきます。ではでは・・・
  2. Hiroshi Enomoto のコメント:
    伊藤さん、バスフェスタにも展示しますよ!お会い出来るのを楽しみにシテイマス。
  3. Hiroshi Enomoto のコメント:
    追記しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です